たまにゆうこりんの詩

  1. ただそばにいて、笑顔でいてくれるだけでもいいんだな
  2. しあわせは宝石のように、感謝は波のように
  3. 強くなるために、この辛い状況を動かしていくために
  4. 感謝する心を体で表すとしたら?
  5. 失っていくものに、それとは知らず
  6. 何のために、目を覚ますの
  7. 激流の中に足場がある
  8. 仕事中に水晶のブレスレットをつけるのを一度やめてみませんか
  9. 長生きおばあちゃんの心の中
  10. 何のために続けてきたの
  11. ひたすらに叩き続ける先にあるもの
  12. 綺麗な人に隠された秘密
  13. あきらめない人は、常識を非常識にする
  14. 固く滞った体から、みずみずしく生きた体への賛歌
  15. 若き乙女が見た、満州の平原と太陽と
PAGE TOP