たまにゆうこりんの詩

  1. 夏の日に出発のときをしらせる風が吹く
  2. もう駄目かもしれないと悲しく思うとき
PAGE TOP