湿布を貼る回数が激減!?肩こり解消にもなる美バスト・セルフマッサージ

秘密はおっぱいの裏!

今回は”美尻”ではなく、”美バスト”についてちょっとお話ししてみようと思います。猫背、肩こり解消は、おっぱいの裏側に秘密があるという話です。

おっぱいの裏に、大胸筋という筋肉が広がっているのはご存じでしょうか。

肩先から胸全体に広がる扇状地のような筋肉です。さらに下には小胸筋という筋肉があります。肩甲骨とつながっています。参考:小胸筋:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%83%B8%E7%AD%8B

そんな隠れたところで邪魔しないでよね~

この小胸筋というのが案外くせものなのです。猫背肩こりの人は、小胸筋がこわばって肩のなめらかな動きを邪魔します。なで肩や重い荷物を運ぶ人のなかには、小胸筋が血液や神経を圧迫して手のしびれが出ることさえあります。

参考:胸郭出口症候群:https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/thoracic_outlet_syndrome.html(この診断を受けた場合は医師の指示を仰いでくださいね。肩甲骨を引き上げる筋肉を鍛える必要があります)

思い当たる人は、胸の筋肉をほぐしてあげましょう。痛い気持ちいいくらいを目安にします。

体の前側の筋肉がこわばっていると、姿勢を良くしようと肩を張っても、前から引っぱられる力に対抗しようというわけですから、よけい肩こりがひどくなります。

なので、まずは小胸筋をほぐし、ゆっくりさせてあげましょう。そうすれば、姿勢を整えることがもっと楽になりますし、リンパの流れも良くなるので、ホカホカと体があったまってくるでしょう。

KK

ろっ骨にそって、ていねいにセルフマッサージ。胸の筋肉をほぐすようになってから肩に湿布を貼る回数が激減したという人もいます。

さらに!姿勢がよくなればもちろん見た目のバストアップも期待できます。お試しくださいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP