運動をはじめる中高年が知っておくべき〇〇の向き

まずはこれだけチェック!

運動をはじめたばかりの人が、他の人といっしょになって同じ運動やスポーツをする前に、まずこれだけはチェックしておいてほしい体の動きがあります。

それが、足を一歩踏み込んだ時の”つま先”と”膝”の向きです。

ちょっとだけ一歩、足を前に踏み込んでみてください。これをフロントランジといいます。ロコトレでおススメのプログラムにも入っていますね。https://locomo-joa.jp/check/locotre/(日本整形外科学会公認コロモティブシンドローム予防啓発公式サイト)

踏み込んだとき、つま先と膝の向きが「ねじれ」の位置になってしまうようなら、要注意です!こういう理想的なアライメント(骨の配列)が崩れた状態をマルアライメントと呼びます。筋肉が協調して働いておらず、筋肉に衰えが見える兆候。せっかくのトレーニングも、ねじれの位置でくりかえすと、膝や足首を傷める原因になります。

また、たとえ運動をしなくても、ふだんの生活で階段を上がったり、水たまりをまたいだりするときに、「膝を曲げてから立ち上がる」という、よく似た動作をするでしょう。

つま先と膝の向きをそろえる

なので、まずふだんからつま先と膝の向きはそろえて踏み込めるのかどうか、確認しておくだけでもいい練習になります。

最初から大股でやらなくてもいいです。慣れてきて、自信をもって踏み込めるようになったら少しずつ股を広げてみればいいですね。横や後ろや斜めもやってみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP