もう一つの宇宙

 

認知症のおばあちゃんを母は介護している

認知症なんて、誰にとってもはじめての出来事

はじめてのことだから、何もかもが新鮮

 

介護も慣れてきたなあと思う頃に

おかしなことをやってくれたりするんだ

うちのおばあちゃん

 

だけどそれはよくあること

大袈裟に考えなくていいよ

よくあることだから

 

その人の世界には

その人のルールがあり

その人なりの理由がある

そのことさえ分かっていれば大丈夫

 

あなたの当たり前は「私」のあたりまえじゃない

それをお決まりのルールでどうにかしようとするから

「私」は混乱するしパニックになる

否定された自分が情けなくなって涙がでるんだ

「迷惑かけるばかりなら早く死んだ方がいいね」

・・・なんて、いわなくちゃらならないんだ

 

勇気を出して

「私」の宇宙をのぞいてごらん

面白い世界が広がっているはずだから

時空さえも飛び越える

まるで超人の世界だから

 

photo credit: Cosmic Kitten via photopin (license)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP