勤めるという言葉

 

「おかげさまといって立ち上がると、ほら。楽に立てるのよ。

おまかせしますと、あたまを下げるの。お願いしちゃだめなのよ。

ありがとうございます、と太陽を拝むの。

だって太陽なしでは息も出来ないんだから」

 

高齢の方の話を聞いて、おもわず涙ぐんでしまうことがあります。
それを見た相手の人も一緒に涙ぐんで、じ~んとして笑っちゃう。
そんなことがこれまで何度もありました。

これまでどんな暮らしをしてきたのですか?と聞くと、
彼女たちから「勤め」という言葉がしばしば出てきます。

「勤め上げる」とか「お勤めをする」とか。

「勤める」という言葉はどこか誇らしく
「仕事をする」という言葉以上に私の心に響きます。

理学療法士という職業を選んだんじゃない
理学療法士という生き方を選んだのよ

・・・なんていうセリフを、いつかどこかで
言ってみようと思う、今日この頃です。

*写真は比叡山延暦寺境内にある階段です(^.^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP