むずかしい理屈はともかく、 シャキンと背が伸びる!

運動ってすごいんです。
その人がキラキラしだすの。

運動は脳にもいい影響を与えてくれるので、
こうした介護セミナーの講師もさせていただきます。
(認知症と絡めたテーマが増えてきましたね)
14425418_1783483991925480_4176292279009423856_o   

(2016年10月14日(金)スミセイさわやか介護セミナー:福井新聞社様の風の森ホールにて)


だけどもし
「認知症になりたくないから運動する」という人がいたら
それは間違っていると思うのです。

「衰えたくないから〇〇する」
「認知症になるのが怖いから〇〇する」

そんなふうに恐怖や不安を原動力にするのだけは、
やめませんか?ということを、お伝えしようと思います。

動機づけのきっかけとしてはそれもありなんだけど、
ずっと恐怖や不安がモチベーションになっているのだとしたら
あんまりです(-_-;)からだにいいわけがない。

私も、お招きいただいて行う講師の場合
登壇前1週間くらいは緊張するし、不安です。
だけど、不安のままでは絶対に人前に立ちません。
(言うまでもなくあたりまえだけど)

数年前、通所介護で勤務していたころ、
焦燥感がとても強くて居ても立っても居られない、
認知症の辛い症状のあった女性と散歩をしました。

「わたし、どうしちゃったのかしら」
「せつないのよ」
と、オロオロと不安げでうつむいて

見ているだけで
私も辛くなってしまうほどでした。

だけど散歩も終盤
とつぜんシャキンと背が伸びて
目の焦点がピシャリと合ったのです。

あ!
ああ!

姿勢と運動と脳の関係って、
こういうことなんだ!と
実感したことがあります。

むずかしい理屈はともかく、
シャキンと背が伸びる!

今回も実技担当です。

 

関連記事:スパークリング・ボディー~1万のインプットからの妄想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP