私がもっとも私らしくあることが健康であること ゆうこりん通信 41号

先日、
どう見ても、どう考えても、何を話しても!

「the 母性」と思われる女性と話をしました。

圧倒的な母性のもちぬしの前では
私の母性など薄っぺらいものです。

いいな、羨ましいなと思い、
私のうすっぺらな母性をちょっと寂しいなと思いかけましたが。

この瞬間、ふと思いだしたのが
≪私がもっとも私らしくあるところから外れたとき、不健康を引き寄せる≫

ということ。

どういうことかと云いますと、例えば、

「あの人のように母性のある人になりたい」と努力したとします。

あの人のようになりたいと努力し、
真似をして行動し続けたとします。

けれど、まじめな人ほど
この努力が奇妙な「ズレ」を生むのです。

(あこがれや理想に向かって努力できること健全ですし、すばらしいことなのですが)

私が私でないような感覚、といえばいいでしょうか。
どうにも手に入れられないもどかしさを感じながら

長いあいだ努力しているうちに、
居心地の悪さや、虚しさを感じるようになります。

(かりにその試みが成功したとしてもです)

そして、
何かが違う、何かが違うと思いながら、

自分本来の活き活きとして、伸び伸びとした感覚を
すっかり忘れてしまうのです。

そう、

「私がもっとも私らしくあるところから外れたとき、不健康を引き寄せる」

のです。

そして、なにをするにも
エネルギーが枯渇したような状態になります。

もう、あの人のようになりたいと努力してはいけません。

肥満や不活発な悪い習慣をやめられない根っこに
栄養を与えているようなものです。

まず、自分で決めてやってみて
ああ!いい!と思えたことだけ続けてみてください。

自分に「いい感じ」という栄養を蓄えられれば
おのずと体は動きだします。

 

今日はここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます!

 

メルマガ登録フォームこちらです

■メールマガジンの解除方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの登録を解除する場合は、下記の URL より解除してください。
http://r.goope.jp/pc/melmaga/25939/del_step1
■メールマガジン配信元
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福田裕子(ゆうこりん)

SOLEIL/スタジオ ユウ
http://studio-yu.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP