健康ってこんなにシンプルなことだったんだ!

medium_2913199082
photo credit: skipnclick via photopin cc

髪を切ってきました。運動を教えているとき、前かがみで髪が前にパラリと落ちてくるのが、とてもうざくらしく(=うっとうしい、邪魔←福井弁)みっともないから、さっぱりと。

シャンプーしてくれたスタッフさんが、何度か鼻をスンスンと鳴らしていらしたので、「鼻炎ですか?」とたずねたところ、アレルギー体質なのだとか。

そういえば私も、口を閉じて食事ができないくらい鼻づまりがひどい時期があったことを思いだしました。

「これは体質改善しなくちゃいけないんでしょうねえ。生活もボロボロなんで」
「たぶん、そういうことなんでしょうねえ」

アトピーも鼻炎も喘息とも、すっかりご無沙汰していますが、私もかつてはかなりのアレルギー持ちでした。

夜更かしして、ま夜中にお菓子をたべ、朝起きられないから大好物のチョコレートとクリームたっぷりの菓子パンで目をさまし、仕事のストレス・運動不足・・・・酒とたばこがないのがましなくらい。

手足や顔がむくみ、目も腫れぼったく、肌は赤黒くただれ、かきむしって血がにじみ、年に何度かぜんそくやじんましんで病院にかけこんでいました。

学生時代、病院実習に出て仮住まいをしていたときには、ガスコンロも冷蔵庫もない文化住宅で、たった一つのホットプレートに油もひかずキャベツをやいただけのお食事。たまのぜいたくで目玉焼きをやくくらいの食事でした。血尿がでていたあの時。

「今は、野菜たっぷりのかなりバランスのいい食事をしていると思うし、カラダも動かすし、夜はちゃんと眠るようにしたし、自分が望んだ仕事をさせてもらってるからストレスにつぶされるってこともない。これと言って何か特別なことをしたわけじゃないけど、 いまは、ずいぶん調子いいです」と、今と昔の違いを説明していたら、彼はこう言いました。

「福田さんは体に悪いことを一つもしていない、ってことですね!」

何か特別なことをしているわけではなく、悪いことをやらないだけ。一言で言ってしまうと、そんなにシンプルなことだったのか!

「僕は夜型で、仕事が終わるとこれからが自分時間!と思うから、つい夜更かししてしまうんだけど、ちゃんと寝るようにします。バランスが大事なんですね」

遅くまで仕事をしていらっしゃるようで、終わるのがPM11時。それから家に帰って適当なものを食べ、ようやく自分の時間なのだとか。

私だって子育て中は、ようやく子どもが寝静まった真夜中にゴソゴソとおきだして、いろいろと趣味のことをやっていましたから、気持ちわかります。それでも、朝はやってくる。早起きもしなくては。

まずは、体に悪いことを一つだけやめてみる。何か特別なことをするのではなく、ただ体に悪いことをやらないだけ。

なるほど、ちょっとよさそうですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP