腹式呼吸だとか胸式呼吸だとかよく言うけれど、いったい何がホントなの?

 

呼吸といえば「腹式呼吸」が王道ですが、いったいなぜ腹式がいいといわれるのでしょう。息の出入りだって「鼻から吸って口から吐く」という人がいれば、「鼻から鼻」という人もいる。

そこで、呼吸器疾患の運動療法を参考に、人の体にとって「よい呼吸法」とはなにかというのを考えてみたいと思います。

からだにいい呼吸とは

「からだにいい」というのが曲者で、まずは体の何にいいのかをはっきりさせる必要があると思います。

今回は、運動器としての体にとって効率の良い呼吸を「からだにいい」として考えてみます。

効率の良い呼吸は、浅く早い呼吸ではなく、深くゆっくりとした呼吸パターンであることが分かっています。したがってこの場合の呼吸練習は、呼吸の深さと速さを制御することがポイントになります。

深くゆっくりとした呼吸をするためには、呼吸の主動作筋である横隔膜をしっかりと働かせることが大事です。

息切れがあったり、胸や肩を大きく動かすような呼吸を繰り返していたり、浅く早い呼吸パターンは効率が悪いので、当然のごとく腹式呼吸(横隔膜呼吸)を練習します。(「効率がいい」とはどんなことか・・・は、ここで書ききれないのでまたいずれ)

腹式呼吸(横隔膜呼吸ともいう)は、横隔膜が動けばお腹が自然と膨らむことを利用して、お腹を膨らませることを強調させた呼吸法です。

ここで本当に大事なことはお腹を膨らませることではなく、横隔膜を働かせることだということです。

横隔膜は胸腔と腹腔の間を仕切り、ドーム状になっています。横隔膜が収縮すると、ドームが下がり胸腔内が陰圧になって空気が外から入ってきます。注射器や水鉄砲のピストンを引くと、針やノズルから水が入ってくるのと同じ原理です。

呼吸に使われるエネルギー量を節約し、一回に喚起できる量を増やし、深くゆっくりとした呼吸を可能にします。

その他の呼吸法に部分呼吸(胸式呼吸)があります。

あえて胸式呼吸をやる目的は、固くなりがちな肋骨の動きをほぐし広げて呼吸に余計なエネルギーがかからないようにしたり、換気が低くなっている部分にも空気をいきわたらせるために行うのがほとんどです。

いずれにしろ、慣れない方法で呼吸をすることになりますから、逆に息苦しくて、あれこれ言われてもやる気が起こらないということもあるでしょう。

ひとまず、今日の結論。肺の病気でない人が、腹式呼吸を意識するあまり緊張して、浅く乱れた呼吸になってしまうくらいなら、呼吸くらい、自分の好きにしたらいいと思うんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP