何のために続けてきたの

 

「やめちゃいなさい。もうやめておしまいなさい」

やめていい誘惑は、もっともな理由をつけて
賢そうな顔をして、次々と訪れます

そんな役に立ちそうもないこと
やめればもっと楽になるのに

その時間をもっと違うことに使ったなら
もしかしたらもっとすごいことになるかもしれないのに

強い誘惑
魅力的な言葉

「強い相手には凌ぎなさい」
あの柔道の先生は「凌ぎ切れ」と教えてくれていたっけ

やる、と決めたときの熱い思いやこころざしをすっかり忘却し
何のために続けてきたのか分からなくなってきたら
ふんばって、始めたころの思いにかえって
誘惑の波に流されないように

 

photo credit: jaycoxfilm via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP