失っていくものに、それとは知らず


失っていくものに、それとは知らず

きのうと同じように、またあしたが来ると信じている。

 

おなかの重み

腫れぼったい感じ

きしむ関節

重くつまった肩や背中

乱れるリズム

するどい痛み

ぽっかり空いた胸の中

背すじの寒気

 

これらみんな、

忘れ去られた心と身体の悲鳴

どうか、

そのまま、失ってしまうことのないように

 

 
photo credit: davedehetre via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP