腰の動き、固めていませんか?美しくエイジングする貴女に~ラクダとネコのゆっくりエクササイズ

medium_7028040701
photo credit: Sean Molin Photography via photopin ccmedium_2043132072
photo credit: Phil-osophical Bird via photopin cc

 

キャット-キャメルですって!?

cat camel exercise というのがあります。分かりにくいイラストですがこの(↓)ようなものです。yotubaikotubann

左のイラストが腰を丸めて「ラクダ」。右のイラストが腰を反らして「ネコ」なのです。
ラクダのときには頭を丸め、ネコのときには首を反らすようにします。
腰痛や不良姿勢から腰の動きを固めてしまっている人のためのよいエクササイズです。

(参考:脊椎のリハビリテーション・臨床マニュアル下巻p105 http://bit.ly/1404Vja)

【方法】

  1. 四つ這いになります(膝の真上に股関節がくるように)
  2. ゆっくりとなめらかに、楽に動かせる範囲まで腰を丸めていきます
  3. ゆっくりともどします
  4. ゆっくりとなめらかに、楽に動かせる範囲まで腰をそらしていきます
  5. ゆっくりともどします
  6. 2~5を繰り返します

【注意点】

  • 緩やかに動きをつくっていくことが目的なので、ストレッチのようには伸ばしきらないこと
  • 運動中は普通の呼吸で
  • 一反復につき最長で10秒
  •  はじめのうちは一日一回ゆっくりと
  • 腰がほぐれていく感触を探して感じ取っていきます
  • 痛みが起こるようならやり過ぎです

ネコにもラクダにも大変身!

なめらかに変身しちゃいましょう。

ずっとネコ、ずっとラクダというのはいけません。
どちらかに偏りのクセがないか、感じとりながらこのエクササイズを行います。

腰に特別なトラブルが無い人でも、若いうちは「ネコ」、加齢とともに「ラクダ」に
変わっていく傾向がありますね。

この骨盤や腰椎のコントロールを、椅子に坐っていても立っていても自在に、
かつ自然になめらかにできるようになるのが理想です。

DSCF96120 DSCF96110

左は反りすぎ、右は丸めすぎ。
普段はこの中間位をとれるようにしておきます。

腰痛を予防する「パワーポジション」に通じるフォームを、
座っていながらにして学習させておくことも大事です。

今日、デスクワークの途中で。そして今夜、居間やお布団の上で。
ぜひ一度、お試しくださいませ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP