痩せたい、引きしめたい、腕のたるみをどうにかしたいと思ったら

small_195971816
photo credit: Coanri/Rita via photopin cc

==================
調和と部分と全体と
==================
注目すべきは

体のパーツの出来・不出来ではなく

人の「体」という「部分」が

この「世界」という「全体」のなかで

どう調和し関係しているかという点なのです
================================

痩せたい、引きしめたい、腕のたるみをどうにかしたい。こんな思いがあるならば、心に尋ねてみてほしいことがあります。それは何のため?それは誰のため?

横田尚哉さんという方がファンクショナルアプローチというのを提唱されています。そもそもそれは「誰のため?」「何のため?」という問いから始めるのだそうです。リハビリでも、そもそも最後に手に入れたい現実や未来は何なの?という問いを大事にします。

自分がこの世界で生きているということを根本から考えたときに、機能する体という視点に立ち、ここから始めるときっと違った観点が見つかって、違った意欲が湧いて来るんじゃないかと思うんです。

なんかすごく悔しい思いをした。見返してやりたい。はじめは、こんなことでもいいと思う。むしろ素直にそう思えることが、すばらしいと思う。

最後には、自分が何のために、誰のために生きているのかと考える時がやってきて、もう一度体に立ち返る時が来る。

もしその答えに一人で辿り着くのがむずかしいなら、いっしょに考えましょう。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

    • yukorin
    • 2014年 1月 31日

    ジュリさん コメントありがとうございます!!
    ゆっくりこのブログを探検してみて下さいませ。
    けっこうおもしろいのがもぐり込んでます。
    また遊びにきてくださいね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP