私が運動で大事にしている8つのこと

small_268886883
photo credit: Cyron via photopin cc
==============================
なにか運動しなくては!と焦りはじめたとき
==============================
がんばってきた体を
責め立てるように運動に向かわせるのではなく
慈しむようにゆっくりと動かしはじめましょう
==============================
私が運動をするとき、教えるときに、大事にしていることを8つあげてみました。

①シンプル重視
ごちゃごちゃ面倒なことは嫌いなのです。本当に大事なことや基本だけ教えてほしいと思うから、リハビリにも使うような、高齢者や病気の人でも無理なくできて、見ているだけで簡単にまねのできる方法を選んでいます。

②生活リズムをあまり崩さないように
そもそも、体づくりは生活習慣。続けることが大前提。だけど、仕事や家族にめいわくがかかるような無理な時間の使いかたはしたくないと思っているので、いつでもどこでも取りくめる内容にしています。

③快適で心地よく
ただでさえ毎日ストレスの連続で忙しくはたらいているのに、辛いことをするなんてありえない。次の日の仕事にさしつかえたり、イライラしたりしないように、無理なこと、辛すぎること、不快なことはやらないし、体力的に弱い人が参加できないようなことはやらないと決めています。

④自分のペースで自由に
誰かにコントロールされたり、誰かに中断されたりするのが嫌い。だいたい、不自由な生活をしているのだから、少なくとも自分の体だけは自由でありたいと思う。だから自分で試し、自分で感じ、自分で答えを見つけ出すような、能動的な方法でありたいと思っています。

⑤基本は欲ばり
一度にいろんな東洋的エッセンスを体験したい。太極拳、登山、弓道、瞑想、小唄、着付けなど日本や東洋的な趣味も、どんどん盛り込んでしまおうと思っています。

⑥力づよい健康的な美をめざす
老化とともにおとずれる体の変化に、早め早めに対処しておけば、いずれ同年代の追随を許さない強く美しいボディーになるはずだと仮説を立てています。

⑦暮らしに直結する動きを
その運動は何のため?と聞かれたら、生活するうえで大事な立つ、座る、歩くという基本動作を軽々とこなすため。理学療法士であるから、当然のごとく、最後に辿りつく場所は生活なのです。

⑧自然と親しむこと
人は孤立した存在ではなく、体は地球の一部であり、循環しながら命をつなぎ、死ねば地球に還る、ゆるやかに流れるような存在であると考えています。自然と断絶するのではなく、日頃から自然に親しみ、食事を大事にして、エネルギーを交わすようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP