微力でもいいから、自力で選ぶこと

photo credit: Adrian Kingsley-Hughes via photopin cc

今日は、ブログの整理をしていました。あと二日で連続投稿500日記念。もっと見やすく分かりやすいページに変身させたいと思います。

福井の働く女性を応援するサイト-アリカ-でインタビューさせていただいて、記事にした瞑想家:矢口太紀子さんの言葉が、今も私の頭に残り、がんばる励みになっています。多くのお年寄りたちのリハビリに励む姿が、今も思い起こされます。息子が、息を絶え絶えに、慣れない柔道をがんばり始めたころのことも。

みんな、あんなにがんばって自分の目標に向かっている・・・。矢口さんはこうおっしゃいました。

「自力で選ぶ」ということです。

女性が自信を持ち、選んで生きる・・・・

といっても、

なにもかも1人でやらないといけないという

意味ではないのですよ。

微力でもいいから、自力で選ぶこと。

福井では伝統的に自分の力で生きていくようには

方向づけられていない。教えられていないんです。

ですが、みんな無意識に選んでいるはずなの。

けっして社会やほかの誰かにさせられているのではない。

たとえ微力であっても

「私がする」という意識でいることが大事です。

ここから私が歴史をつくっていくのか

そうでないのか、自分で決めること。

私がしている、と思っていることでさえ、そうではなかったと気づくことがあります。

このことの本当の意味を分かるには、まだまだ修行が足りないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP